フレッシュネスアップデートが風評被害管理を難しくする

Googleのフレッシュネスアップデートはオンライン評価の管理を難しくしたか?

先日実施されたGoogleのアルゴリズム変化は、多くのクエリでニュースなどのサイトに良い機会を与える結果になった。しかし個人や企業にとっては、このフレッシュネスアップデートがオンラインでの評価管理(以下、ORM)をさらに困難にしたのではないだろうか?

もしあなたがが速報ニュースを取り扱っている場合、ホットな話題や定期的なイベントはより多くの機会を生むだろう。
最新のコンテンツは一般的なクエリでよく表示されることとなる。(例えば有名人の名前やスポーツチーム、TV番組がこれにあたる。)
GoogleはQDFを掘り起こした形となる。

しかしあなたが個人サイトや企業サイトを運営していて、ネガティブな内容で高い順位にランキングされてしまうサイトと戦っているとしよう。

ORMの基礎はこうしたネガティブな内容を取り下げ、評価の高い、または中立的な結果を表示させるようにすることだ。
例えばサブドメインを利用したり、ソーシャルなプロフィールを設立したり、良い内容を取り上げたメディアによって上記をおこなう。

もしあなたの名前がニュースに取り上げてほしくない理由で取り上げられた場合、フレッシュなページの増加はネガティブな報道を取り除くようにすることが難しいことを意味するだろう。

アルゴはどのように動くか

不幸なことに、最新の例はJoe Paternoのもので恐ろしいイベントだ。

先週、”joe paterno”のクエリでは3つの結果がGoogleに表示されていた。
今では、検索の1位と2位はまだ一般的な紹介とWikipediaである一方で、画像枠の下の8つの枠ではスキャンダル関連のものしかない。フレッシュの優位性はニュース枠がより際立つように変化し、2~3の結果だけにブランドのコンテンツが表示されるようになっていると考えられる。

ユーザーの観点からすれば、クエリに対してフレッシュなコンテンツを表示することは理にかなっている。
先週に”joe paterno”だとか”penn state”の検索クエリで最新のニュースを探している大多数の人間にとっては特にそうだろう。

しかし個人や企業にとっては疑問である。こうしたSERPsの結果は問題を生む可能性がある。
一言いっておくと、Joe Paternoに関するSERPsはとても重要な例で、私は彼がORMチームを所有して検索結果を変えるようにするべきだと言っているわけではない。

これは単に、Googleのフレッシュネスアップデートによる最新の結果にすぎない。

予期せぬコンテンツに対する対策

それが公平であってもなくても、企業や個人サイトがネガティブな内容でヒットしてしまう例がある。そのような場合、フレッシュな結果の増加は検索結果から好ましくない報道をなくすように努力する必要があることを意味している。
そういった意味で、GoogleのフレッシュネスアップデートはPRやSEO従事者によるORMをさらに挑戦的で難しいものにしたことになる。

ネガティブな報道が増えている場合、自分たちの立場で新しいコンテンツを作って即座に対応する能力が、ネガティブな情報で検索結果が埋め尽くされない可能性を高めるだろう。

フレッシュネスアルゴがあなたの名前を追い続ける限り、好ましいコンテンツを作り続けることが重要だ。
あなたはネガティブな内容を取り除くことができないかもしれないが、少なくともユーザーがフレッシュな結果のなかであなたが作ったバランスのとれた良い結果に出会う可能性もある。


本記事は、ADAMSHERKの『Does Google Freshness Update Make Online Reputation Management More Difficult?』を翻訳した内容を掲載しています。

フレッシュネスアップデートの影響で、情報取得目的のクエリにおけるコーポレートサイトのランキング変動が目につきますね。ニュースサイトや投稿サイトなどが上位の多くを占めて、企業枠が減ってしまっているようです。

アルゴリズムアップデートで一喜一憂してしまうことも多いですが、Googleが求めるもの、ユーザーが求めるものを考えて施策キーワードを選定する必要性が高まってきていることが分かります。
検索エンジンに対するマーケティング、ユーザーに対するマーケティングを徹底的に実施していくスキーム作りが必要ですね。

LiAメディアマーケティングセクション 加藤


Related posts

This entry was posted in SEO/SEM 全般, マーケティング全般, 検索エンジン別SEO -Google SEO and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

Get Adobe Flash player